ソメイヨシノ

ソメイヨシノ(Prunus × yedoensis ‘Somei-yoshino’

悪行の裁くお仕事。「おぅおぅおぅ!!この桜吹雪を忘れたと言わせねぇぜ!!」ドヤッ!!

解説

ソメイヨシノはオオシマザクラとエドヒガンの雑種の交配種である。接木もしくは挿し木などの栄養繁殖のクローンで増殖させている品種である。特徴は若葉が出る前に木全体に淡紅白色の花をつける。名前の由来は江戸~明治時代に、江戸の染井という集落の植木屋によって吉野の名で売り出した吉野桜とされていたが、その後、奈良の吉野山のヤマザクラと混同しやすいので、明治33年に染井吉野という名前に改められたとされている。サクラは日本的な植物として世界中に認知されているが国花ではない。しかし、日本人におけるサクラへを愛でる気持ちは他の植物と一線を画す。